筑波大学附属聾学校同窓会刊 「藤本敏文」販売ページ

本の紹介

本の紹介

藤本敏文 3D本



 戦前、戦後と日本の聾唖界のボスと呼ぶに相応しい男がいた。

 彼の名前は藤本敏文。

 聾唖者社会のカリスマ的な存在で、聾唖者を動かし、多大なる貢献を果たしたのであった。謎のベールにつつまれていた彼の知られざる事実がここに明らかになり、尋常ならざる彼の世界に驚かされることであろう。

 この本は遺族の承認を得て、文書、資料、藤本を知る聾唖者、遺族の証言をまとめ構成し、筑波大学附属聾学校同窓会が発行するに至った。

-「藤本敏文」冒頭ページより-

※当時の記録や資料などを元に、転載・引用しているので、いくつか文法的・仮名づかいなどの相違があるところもあります。その点はどうぞご理解ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional